速凍くん

速凍くんc
『速凍(はやと)くん』は熱伝導率の良いリキッドフリーザーのノウハウを生かして開発された簡易式コンタクトフリーザーです。
液パックに挟むのでエアブラストに較べて熱伝導率が大幅にアップ。凍結速度は通常冷凍の6倍から10倍です。
急速凍結なら、食材の細胞を傷めずに美味しい凍結ができます。

サイズ
液パック
W180×D260×H80(㎜)
収納トレイ
W180×D290×H125(㎜)
価格
14,800円(税別)

液パック約500g×4枚

急速凍結ってなに?

急速凍結とは物が凍る時に水が氷になる温度帯(-1℃から-5℃)を最大氷結晶生成帯と言い、
この生成帯を30分以内で通過させることを急速凍結と定義しています。

なぜ家庭で急速凍結が難しいのか?
機械は高くてコストがかかる!
例えば冷凍食品などを工場で凍結させる場合には急速凍結が行われています。
トンネルフリーザーという何千万円もする機械を使って急速凍結させます。
小さな店舗で急速凍結させる場合でも100万円以上もする急速凍結庫で食材に風を当てて熱を奪い急速凍結させます。
また熱伝導率の良い液体を使って急速凍結を行う場合もありますが、こちらも機械は300万円以上してしまいます。
これらのことから、家庭で急速凍結させることは現実的には難しいのです。

なぜ家庭で急速凍結が難しいのか?
急速凍結なら細胞が歪まず凍結します。
merit_img
たいていの食材は冷気が外側からあたることもあり、外側から凍り出します。
凍りだすと浸透圧の原理から細胞外に大きな氷結晶ができ細胞を歪ませたり、破壊してしまいます。
急速冷凍するとこのような氷結晶の成長が始まる前に氷になるので細胞内で氷結晶が生成されます。(細胞内凍結)
結果として細胞を歪めないきれいな凍結ができるのです。

速凍くんの誕生
ダイレイとテクニカンがタイアップ
安価でしかも質の良い急速凍結できる機械を探したところ、リキッドフリーザーという急速凍結機を製造している株式会社テクニカンに出会いました。
株式会社テクニカンでは既に家庭向けに安価で急速凍結できる「トレジャーボックス」を発売していたので
協力をお願いして、-60℃という超低温化でも凍らない「速凍くん」を開発してもらいました。